長崎,諫早,大村の不動産,一戸建,住宅リフォーム,新築住宅情報満載!ローコストからハイグレードの家まで!間取り、施工例をご紹介。まずはSATO設計で無料設計相談を!住宅,住宅ローンなどお住まいの事なら何でもお任せ下さい。

成功のプロセス

社長のつぶやき。

私は、この長崎で生まれ、今年で49歳になります。妻と子供3人と一匹の犬の父親です。住宅業界に入り約27年の歳月が過ぎ去ろうとしていす。

ハウスメーカーに約7年在籍。設計、工事、営業を経験して19年前に会社を興しました。住宅については隅々までわかるようになったと思います。


一級建築士 佐藤 真一

このごろでは、新聞、テレビでも報道されているように悪徳業者が非常に増えてきました。住宅をつくる上でたくさんの消費者がダマされています。このようなことが起こっていいのでしょうか?私は断固反対です! ひとりでも多くの方が満足いく住宅をつくれるように考えていきたいと思っています。 平成3年12月、私が自宅を建てたときのことです。ハウスメーカーに勤めていたこともあって家を建てるなら絶対ハウスメーカーがいいと思っていました。やはりデザインがとてもいいし、内装などもとてもセンスがよく地元の工務店、大工さんでは、とてもこのような家づくりは出来ないと思っていました。ですからハウスメーカーは、値段が高いのも納得していました。


まだ、結婚はしていなかったのですが、4人家族にするつもりで(実際はちょっと頑張りすぎて5人家族になったのですが・・・笑 今では、子供も大きくなり大満足です。)、設計は、自分で行い、1階には車庫と倉庫をつくり、2階を住まいにすることに決め3LDKの間取りで約30坪になりました。融資の手続きも自分で行い、ほとんどのことを自分で行いました。費用は、かなり安くなったはずだと納得していました。


ちょうどその頃、私の知り合い(不動産会社の社長)が、ある知り合いの設計士さんの設計で木造住宅を建てていました。とてもセンスがよくハウスメーカーに負けないくらいのデザイン性があり金額を聞くとなんと“ビックリ”ほとんどグレードが同じで約250万円は安いのです。とても驚きました。


でも、なぜ新車1台分も価格が違うのか?   なぜ?本当に疑問に感じました。この価格の差はどうして生まれるのか? それを調べていくと、ハウスメーカーの宣伝広告費、大型展示場への出展、テレビCM、現場に関係していない本社、支店の社員の人件費、実際、施主の家づくりに関係ない費用が、その価格の違いだと解った時には、悩みました。 このままハウスメーカーの営業をしてもいいのかと・・・・・。 そして、その設計士さんが“センスのいい設計士が、実際に工務店をすることが出来たらもっと費用が安く、デザイン性のよい住宅をたくさんの人に提供することが出来るのに・・・”と言われたことに、とても感心させられました。


その出来事が、私が住宅会社をはじめるきっかけとなったのです。 私の想いは、“家族のみんなが満足できる家、失敗しない家づくりを木造で少しでも安く造ろう!”ということです。


住まいる工房SATO設計では、大手ハウスメーカーのように大型展示場、大規模な宣伝広告、テレビCM、たくさんの営業マンをおいての営業をしておりません。今後も、するつもりはありません。なぜならこのようなことが、お客様の家を建てるために使う大事なお金をムダにしているということが解っているからです。だから、実際に家を建てたりリフォームをしたりする方の為に本当に必要なものにしか費用をかけないようにしています。


たとえば、今から家を建てたいとか、今からリフォームをしたいという方の為に家づくりに役立つ本のプレゼントをしたり、実際に家を建てる方には、CG(コンピューターで作成するリアルなパース)と手作りの1/50模型をプレゼントをしています。このように家を建てる方に役立つように宣伝広告費を使うべきではないでしょうか? 大手ハウスメーカーのように家を建てるお客様に負担になるような莫大な宣伝広告費を使っていることに疑問を感じています。


私は、“幸せの住宅づくり研究会”を通じて情報の交換を行い、どうして住宅づくりに失敗するのか、それは、日本全国で、家を建てられた方の苦情を分析した結果ようやくその原因が解ってきました。建築業者にもかなり問題がありますが、実際、既に建てられた方も建てる前に少しでも勉強をしておけばここまでダマされることは、無かっただろうということもありました。非常に残念なことです。


それでは、満足できる家、失敗しない家をつくる為には、どうしたらよいのでしょうか? 私共は、失敗した方々に相談を受けたり、話を聞いたり、又、実際現場を見たりして、どのようにしたら失敗しない家づくりが出来るのだろうか日々考えています。


その問題点を分析してできたプロセスを紹介しております。


今後の家づくりに大変お役に立つと思いますので、 どうぞ、住まいる工房SATO設計のプロセスをご参考にして下さい。

住まいる工房 SATO設計の家づくりプロセス

~“住まいは設計から”プランニングにこだわります~

知っていますか?失敗しない住宅づくりのプロセスを。

“住まいは設計から”始まります。

つまり、プランニングからです。

プランニングしだいで家づくりの全てが決まってくるといってもよいかもしれません。ですから、私は、このプランニングの時間を大事にしたいと考えています。私は、プランニングを何回も描きます。 多いときには、10枚以上かくときもあります。


それは、なぜか?少しでも施主のご要望(お客様の想い)を取り入れたすばらしい家にしたいと願っています。そして、家づくりについていろんな意見を話してほしいのです。これが、家づくりの始まりですから・・・

>
カラー配置図 カラー平面図 カラー立面図

カラー配置図

大きいサイズを見る

カラー平面図

大きいサイズを見る

カラー立面図

大きいサイズを見る

そして、このプランニングと同時に進行しなければならないのが、“予算です”つまり資金計画なんです。 家づくりにどんな費用がかかってくるのか、しっかり計画しておかないと大変な失敗を冒すことになります。“アナタにお任せします。宜しくお願いします。 信じてますから”なんて進めていって失敗を冒した人がいかに多いか、金額のトラブルは、ビックリするくらい多いのです。 この長崎でも、そういった方がいらっしゃいます。非常に残念です。 口約束で契約をしたため、最初は、2000万円でしますよ!と言っておいて、最後には、キッチンが入っていない、風呂が入っていない、その上、設計料(約100万円)まで請求され、合計で2500万円以上も支払いをさせて平気な業者もいるのです。ウソみたいな話ですが現実の話です。


このようなことが、起こらないように家を建てる前に最低でも知っておかなければいけないことを勉強しておく必要があります。ダマされてからは、遅いのです。


家のプランニングと同時に資金計画(家を建てるときにかかる全ての費用)をしっかり行います。

このときが一番大事になりますので、不安なことが少しでもあったらとことん話し合います。ですから、住まいる工房SATO設計では、何回でもプランニングを行い資金計画も何回も練り直します。 この部分にこだわります。そうしないとせっかく家を建てて幸せな生活をおくろうとしても出来なくなったら全てが台無しになるからです。

ここで一つ注意することがあります!


普通の住宅業者の方は、ここまですると、すぐ契約を迫ってきます。そして、家を建ててしまいます。ここで問題になってくるのは、家を建ててしまってから、ここは“イメージが違うじゃない”ここは“こんな風にならなかったの?”と言われることです。しっかり家を造っているつもりが、何でそのようなことが起こるのでしょうか?


それは、家づくりというのは、家の完成を想像しながら造っていくものなのです。しかし、たいがいの住宅業者は、お客様に対して平面図、立面図だけで説明を行い、少し気の利いたところでも簡単なパースでしか表現していないのです。

男性は、図面を見たら家の完成予想が想像できる方が多くいらっしゃいますが、女性(奥様方)は、図面だけで家の完成を予想するのは、非常にむずかしいと言われています。これは、男と女の進化に関係していることらしいですが、ご主人と奥様、どちらもよく理解して家づくりをしていくべきだと思います。


このようなことから、 住まいる工房SATO設計では、プランニングと資金計画をしっかり決めて頂きます。そして、ここからが本当の意味での家づくりが始まっていくと思っています。 ここで住宅の詳細を決めていく為に“建築の申し込み”を行って頂きます(契約ではありません)。


これから図面を大きくして見やすくします。 そしてインテリアコーディネーターによる丁寧な打ち合わせ(キッチン、ユニットバスなどの設備面の打ち合わせから壁紙の色、照明、カーテンの色にわたって打ち合わせます)に入っていきます。

ある程度、外壁の色、内部の壁の色などが決まってきますとその色を基にCG(コンピューターによるパースで、建てる敷地の写真と合成してリアルに表現します。)を作成します。


そして1/50の手作り模型(1階、2階、屋根などが取り外され中の間取りが見える精巧な模型です)をお作りします。

ここまで見て頂くと奥様方にも家が完成した状態がご理解できると思います。 そして、最終的に見積もりを行い契約します。これからいよいよ建築に入っていきます。

CGパース 手作り1/50模型
CGパース 手作り1/50模型

ここでもう一つ注意しなければいけないことがあります!


それは、契約をする前に、必ず地盤調査の確認を行うことです。契約後に地盤調査を行って、もし地盤が悪くて地盤の補強に費用が発生するようなことになると最初に計画していた予算が大幅にくるって取り返しのきかないことになってきます。


ある建築会社でプランが決まって契約を先行して行った例ですが、基礎に入る前に、地盤調査をおこなった結果、地盤の改良が必要だと言うことが判明、その工事に必要な費用が、なんと150万円かかるということでしたが、資金計画をぎりぎりに組んでいたためその予算が、捻出できなかったそうです。 契約金に100万円支払っていた為、解約するとそのお金も戻って来ないと言うことで、基礎の補強をしないまま着工してしまったのです。完成した家は、傾いてしまい現在、裁判中だとか。こうなるとせっかくの家づくりが台無しです。


契約を急がせる会社、地盤調査を契約前に確認しない会社には、必ず注意しましょう。


このような、プロセスで家づくりを行うとまず失敗することは無いでしょう!これからの家づくりに参考になったでしょうか?是非、失敗しない家づくりをして頂きたいと思います。

又、もっと詳しく失敗しない家づくりについて勉強をしたいという方は、当社が定期的マイホーム学院を開催しておりますので、お気軽にご参加頂ければと思います。
住まいる学院の様子
◎連絡先 フリーダイヤル 0120-07-0625

お問い合わせ

印の項目は、必ずご記入ください。
お名前  名
ふりがな  名
電話番号   例:0000-00-0000
E-mail  
ご質問等  

          

お客様の個人情報の利用について

ご入力頂いたお客様の個人情報はDM送付や不動産資料のご提供等に使用させて頂きます。
お客様の個人情報は、法令に定める場合を除き事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
当社では訪問営業やしつこい電話勧誘等は行っておりません。

バナー
バナー

Menu

新着・イベント情報 進行中の現場 SATO設計スタッフブログ どんな会社ですか? 商品ラインナップ どんな家を作ってるの? お客様VOICE リフォームで出来ること どんな設計の仕方なの? スタッフ紹介 10のこだわり 成功のプロセス 施工済みMAP セットプラン情報 小冊子プレゼント 無料設計・見積 リクルート アパート建築の実績 NPO法人 長崎住まいる学院

メールセミナー

画像

  • 第1回 人生最大の買い物は?
  • 第2回 危険な住宅ローン
  • 第3回 正しい年返済率
  • 第4回 家計の問題点
  • 第5回 健全家庭の貯蓄
  • 第6回 健全家庭とカーローン
  • 第7回 健全家庭と生命保険

 

スマートフォン用QRコード

QRコード

QRコードを読み取りアクセスしてください。

SATO設計動画CM

SATO設計動画CM

無料見積・設計相談

無料設計・見積相談

バナー

長崎木材情報ネットワーク

日本住宅保証検査機構

長崎県

チームマイナス6%

NPO法人長崎住まいる学院