LOADING

Blog

コラム

快眠のための寝室づくり

冷えと乾燥に悩むこの季節は、睡眠の質が低下しがち。冬場の快眠に適した温度は16~19度、湿度は50%前後が良いとされています。また、布団の中の湿度も快眠に深く関わり、33度前後が適切です。寝室の温度や湿度をチェックして、睡眠環境を整えましょう。

1.加湿器を使って寝室にうるおいを

乾燥は睡眠の妨げになります。乾燥しやすい冬は加湿を欠かさず行いましょう。また、空気が乾燥しているとウイルスが増殖しやすくなり、風邪などの感染リスクが高まる原因に。

2.寝室のカーテンを冬用に

カーテンは冬用の厚手のものを選ぶことで、窓からの冷気を遮断します。また、色も暖色系を選ぶことで視覚的にも体温を高める効果があります。

3.ぐっすり眠れる寝具選び

掛け布団は、軽くて保湿性の高い良質の羽毛布団がおすすめ。敷布団は吸湿発散性が高いものを。シーツはガーゼタイプにすることで、やわらかな肌触りが寝つきをよくしてくれます。

4.アロマの効果で質の良い睡眠を

就寝前にアロマオイルを使用することで、心身ともにリラックス。緊張やストレスを緩和してくれるラベンダーやベルガモットなどがおすすめです。